未決拘禁者

拘置所情報

拘置所の一日

どんな人が拘置所に収容されるのか?」で説明したように拘置所には、未決拘禁者(被告人)・受刑者・被疑者(容疑者)・死刑囚など様々な人が収容されていますが、今回は未決拘禁者と受刑者一日の流れを紹介します。(各拘置所で多少の違いがあります)
拘置所情報

どんな人が拘置所に収容されるのか?

拘置所とは、法務省が管轄している刑事収容施設です。逮捕された直後に収容される刑事施設である留置場は、全国の警察署などに約1300以上ありますがその後、移送される拘置所は全国に8施設、拘置支所が全国に約100施設あります。
拘置所情報

拘置所や刑務所へ差し入れ

拘置所や刑務所に収容されている受刑者(既決者・懲役)や未決拘禁者(主に被告人)へ現金や衣料品、本や筆記用具、食料品などの物品を拘置所や刑務所の外に居る親族や知人が差し入れる事です。未決拘禁者と受刑者とでは、差し入れ出来る物品の範囲が大きく異なります。
拘置所情報

拘置所や刑務所での面会事情

拘置所や刑務所の面会には、全収容施設統一の一般的なルールが定められていますが各刑事収容施設によって細かい部分の運用が違っていたりするようです。留置場でも同じで各警察署によって面会のルールの運用が違っています。これを「ローカルルール」と呼んでいるようです。
タイトルとURLをコピーしました