留置場

逮捕体験談

勾留8日目‐居室の引越し【体験談15】

同居人6番が釈放された一人部屋は誰にも何も気を遣わず快適な生活な反面、話し相手も居ないし不味い官弁(支給される食事)を一人で食べなくてはならないので余計に不味く感じる。そう思いながら一人で朝食を食べていたら「15番、朝飯終わったら引越ししてもらってもいいかな?もう少ししたら暴れん坊が入ってくるから一人部屋に入れたいんだよね」と言ってきた。
気になる話題

まるで介護施設「車いすの万引き容疑者」

17年は4万6264人で、高齢者の割合は21・5%と2年連続で2割を超えた。一昨年に摘発された高齢者の罪名別では万引が56・4%と最多、2人に1人は再犯だった。
留置場情報

留置場での時間の使い方(暇つぶし)

取調べも早々に終結しているにもかかわらず10日間の勾留で済まされず、勾留を10日間延長されてしまうケースも多々あり、そうなってしまうと留置場で暇を持て余してしまう人がかなり居ます。そのような被留置者は、留置場でどのように過ごしているのでしょうか。
留置場情報

警察に逮捕され留置場に入る際に受ける身体検査、所持品検査

逮捕され留置場に入る際には、身体検査・所持品検査が行われます。この記事では、留置場に入る際の検査を詳しく説明しています。
気になる話題

逃走された留置場改修工事完了で留置施設再開

逃走事件が起こって以来、富田林警察署の留置場は改装工事をしており容疑者の収容も停止していましが留置場改修工事も完了し、容疑者の収容が再開されたようです。
留置場情報

熊本県警熊本東警察署の留置場で勾留中の男性死亡

留置場での死亡事故は稀に目にすることがありますが、体調が悪くなって留置担当官に訴えたのか、それとも訴えたが相手にされなかったのか、留置場内での事故の捜査はなかなか表に出てきませんね。
留置場情報

留置場担当警察官またの名を担当さん

留置場の担当警察官のことを、留置場に入っている人達からは「担当さん」と呼ばれています。刑事さんも同じく「担当さん」と呼んでいますね。担当さんは刑事ではないので、人間関係が構築できれば世間話をしてくれたり、相談にも乗ってくれます。
留置場情報

有名人や芸能人が逮捕された場合

有名人・芸能人の逮捕と一般の人とでは何か違いがあるのかを調査。保釈時にマスコミが殺到するという理由で、近隣に迷惑が掛かりにくい留置場に入れられたり、送検時には集団護送ではなく単独護送くらいの違いで、留置場での生活は共同生活のようです。
留置場情報

ティッシュペーパーをはじめ日用品がめちゃくちゃ高い塀の中

刑務所ではティッシュペーパーを買うことが出来ますが、一般的な価格の4.5倍で購入させられていたようです。これは刑務所が価格を決めて販売しているのではなく、一般業者が商品や価格を決めて販売していたようです。
気になる話題

強制わいせつ容疑で留置管理課の巡査長逮捕

留置所内の看守(担当さん)の不祥事です。どうやら自分の勤めていた警察署に逮捕されてしまったようで、同僚から被疑者になってしまいました。
タイトルとURLをコピーしました